2020年2月12日水曜日

北海道ラーメン 味源熊祭|渋谷|熱々で辛口な北海道味噌ラーメンを食べる

渋谷駅近の北海道ラーメン店、「味源熊祭」を訪問



渋谷スクランブル交差点からセンター街に入り、徒歩1分くらいの駅近に立地。

渋谷駅近の「北海道ラーメン 味源熊祭」は味噌ラーメンをメインに提供するお店だ。

味源という名の付く味噌ラーメン店は渋谷だけでも数店舗あるようだが、どうやら運営会社が異なるという。

ラーメン店が複数入るテナントビルの2F。


階段を上がり、店内に入る前に券売機で食券を購入。

北海道味噌バターコーンラーメンが推しのようだが、この日は外が特に寒かったこともあり中辛という「味噌オロ」を注文。

950円。

同名の味源でも、オロチョンラーメンというメニューがあったと思うが、オロチョンラーメンとは辛口の味噌ラーメンのことを指しているようだ。

名称は異なるが、メニュー写真を見る限り、同様に辛口の味噌ラーメンのようだ。


店内はカウンター席と小さめのテーブル席がいくつか。

カウンターから見える壁には、職人が18時間かけて作り上げたスープということが書かれており期待が高まる。


思ったより辛口な「味噌オロ」

5分ほどで味噌オロが着丼。



赤みがかったスープは見るからに辛そうだ。

具材は細切れのチャーシューとネギ、メンマ、キクラゲ、もやし。

スープは熱々だ。

中辛の記載があったのでピリ辛程度かと思ったが、スープは辛さが前面に出ている。

自分が辛さに弱くなったのかもしれないが、唐辛子の風味も感じるので結構な辛口ではないかと思う。

味噌スープ自体はあっさりした味付け。



麺は北海道ラーメンでは定番のオーソドックスな中太麺。

これといった特徴はなかったが、オーソドックスな北海道味噌ラーメンといったところだろうか。

具材、麺量含めもう少しボリュームが欲しいところ。
立地の良さはあるが、金額的にも割高感を感じてしまう一杯であった。