2020年2月3日月曜日

松のや|日本各地|新発売の絶品、熱々味噌カツ鍋を食べる

がっつり食事がしたいと思っていたところ、とんかつチェーン店である松のやの店頭のポスターが目に留まり訪問。


気になったのは新メニューの「牛味噌煮込みロースかつ鍋定食」。


元々松のやには「味噌ロースカツ定食」というメニューがあるのでその豪華版といったところだろうか。

 

味噌カツといえば、名古屋発の「矢場とん」が思い浮かぶ。

都内にも店舗はあるが、定食となれば1000円を超えてくる。


味噌カツ好きとしては安価に食べられる松のやの味噌カツは貴重な存在だ。


とんかつチェーンの「かつや」でも味噌カツはあるようだが、名古屋近郊だけの展開のようなので是非関東でも定番メニュー化してほしい。


そう、私は味噌カツ好きなのだ。



話を松のやに戻し、券売機で牛味噌煮込みロースかつ鍋定食を購入。

730円。


この時は発売記念として、同じ金額でご飯大盛りが無料であった。


食券を渡して待つこと7〜8分で提供。




松のやとしては比較的時間がかかった印象だった。

調理に手間がかかるのかもしれない。


味噌カツも含め、定食系は皿に盛り付けられて提供されるのだが、こちらはかつ鍋ということで熱々の鉄鍋で提供される。



ポスターを見た時から、「牛味噌煮込みロースかつ鍋定食」というメニュー名が少し分かりづらい気がしていた。

結果的にそれが目をとめた要因なのかもしれないが。


“牛味噌”ってなんだ?

と思ってしまっていたが、何か特別な味噌のことではなく、カツの脇に添えられた牛肉を指しているようだ。

つまり、牛+味噌煮込みロースかつ鍋というわけだ。


サクサクのロースかつ全体に汁気の強い味噌だれがかかり、煮込まれている。

これは矢場とんに近いビジュアル。




定番メニューの「味噌ロースカツ」は、ソースの代わりに味噌ダレが付属するというものなので、その分手がかかっているのは間違いなさそうだ。



味噌ダレでヒタヒタになったロースかつを口に運ぶと、甘辛くて濃い味付けの味噌ダレにご飯が進む。

少しサクサク感が残りつつ、味噌ダレでしんなりした衣のロースかつも美味い。



半熟たまごも添えられているので、崩した黄身と和えてたべるとよりまろやかになり、こちらも間違いない。


そして忘れてはならない牛肉。

甘辛く煮てある牛肉は「松屋」の牛丼の具材と同じようだ。

松屋とは味付けは異なるようだが、味噌ダレと絡めてもそのまま食べても美味しい。


しかし、ボリューム的には嬉しいのだが、見栄え的なものもあるのかもしれないが牛肉は必須ではないかなといった印象。


そして箸休めのキャベツ、卓上のにんじんドレッシングも旨い。


他では見かけないちょっと珍しい感じが嬉しいのだ。


現時点では定番の「味噌ロースカツ」と新メニューの「味噌煮込みロースかつ」が並存している状態ではあるが、是非味噌煮込みを定番メニュー化してもらいたいと思った。


再訪アリ。