2020年1月14日火曜日

松屋|日本各地|ジョージア駐日大使お墨付きのシュクメルリ鍋を食べる

松屋でジョージア料理「シュクメルリ」


全国チェーンなので場所は割愛しますが、松屋で新メニューのシュクメルリ鍋定食を食べました。


2019年末に一部店舗のみで販売されていた限定メニューが、満を持して全店舗取り扱い開始ということで早速行ってみました。


ジョージアという国の料理で、鶏もも肉とにんにく、チーズをホワイトソースで煮込むというものです。




ジョージアという国自体よく知りませんが、ロシアとトルコの間にある小国で「美食の国」とも呼ばれ、日本人の口に合う料理が多いのだそうです。


なんでもこのシュクメルリ、世界一にんにくをおいしく食べるための料理と言われているとか。


それはラーメン二郎のことではないかと思いましたが、国際社会ではシュクメルリというのが一般的なようです。


いよいよ世界一にんにくをおいしく食べるための料理が提供


火のついた固形燃料と共に、熱々の状態で提供されます。


チーズとホワイトソースがグツグツと煮立っていて美味しそうです。


具材は鶏もも肉とさつまいものみで至ってシンプル。


スプーンでシチューを口に運びます。

にんにくが効いていて美味しいです。


とろけるチーズもとても良い感じ、




クリームシチューににんにくを加えた感じというのがピッタリな表現。

味は思い描いていた通りでしたが、クリームシチューににんにくという発想はなかったです。


定食なのでライスと味噌汁が付きます。


もっとご飯が進むものなのかと思いましたが、個人的には微妙。

正直パンの方が合いそうですね。


元々クリームシチューとご飯という組み合わせが苦手なので、牛皿の小鉢を付けたい気分でした。


シュクメルリ単品ではとても美味しいですが、定食としては今ひとつかなと思います。


珍しい異国の料理が松屋で気軽に食べられるのは嬉しいです。

今後も松屋世界紀行に期待したいと思います。