2019年3月4日月曜日

手打うどん いわしや|青山一丁目|いりこ出汁強めのセルフうどん

青山一丁目駅直結、青山ビルディング地下一階。

青山のランドマーク的存在であるツインタワー、ではなくツインタワーから青山一丁目交差点の対角に位置するビルの飲食店街に立地。

リニューアルされたばかりの綺麗なビル。


ランチ訪問。

丸亀製麺同様のセルフサービスうどん店ではあるが、オーソドックスなぶっかけうどんでも580円とやや高め。

この飲食店街では他の店舗も1000円オーバーのランチメニューが普通のようなので比較的安価な部類に入るようだ。


トレイを持って好みの天ぷらをピックアップし、カウンター越しにうどんを注文する定番スタイルだが今回天ぷらはスルー。


注文したのは肉ぶっかけうどん880円。

大盛りにしたのでプラス150円で1030円。


温かい、冷たいを選べるが、今回は冷やしを注文。


注文してすぐに提供ではなく、一旦オーダー番号を渡されて席へと促された。


待つこと数分で番号が呼ばれ、再度カウンターへ足を運ぶ。


うどんを受け取った後はセルフサービスで自由に無料トッピングできるのも定番セルフ店通りだ。


トッピングは天かすとねぎ。




ぶっかけうどんというと平皿のイメージだったが、ここでは深めの丼につゆがひたひたに入って提供された。

トッピングコーナーでレンゲを取って正解だったようだ。



早速つゆから一口。


ぶっかけなので、つゆは濃い目でいりこ出汁の風味が強く出ている。


麺はツルツルでコシのあるやや固めの茹で加減。

総じてこれはかなり美味しい。


日常使いのランチとしては値段は張るが、格安のうどん店とは一線を画している。


肉は甘辛い味が良くしみており美味しいが、目の前で焼かれる丸亀製麺には敵わないなといった印象。


あっという間につゆまで飲み干してしまった。


立地による部分もあるだろうが、コストパフォーマンス的に割高に感じてしまうのは否めない。


それでもうどんとしてはとても美味しかった。


再訪アリ。