2020年2月27日木曜日

松屋|東京都内各地|肉肉しさ満点!大ボリュームのビーフハンバーグステーキ定食を食べる


 

新発売、松屋のビーフハンバーグステーキ定食


大手牛丼チェーンの松屋を訪問。

しかし、今回の目当ては牛丼ではなく新発売のビーフハンバーグステーキ定食だ。

超粗挽き、ビーフ100%使用というキャッチコピーが目を惹く新メニュー。

以前も同様のメニューが販売されていたが、かなり肉肉しいボリュームのあるハンバーグでリピートしていた。

それが今回も期間限定で登場したということでトライすることにした。

ブラウンソースのベーシックなビーフハンバーグステーキ定食が790円。
それにチーズ、目玉焼きが乗せられたグレードアップメニューも展開されている。

トッピング無しだと見た目に少し寂しかったので、今回はチーズビーフハンバーグステーキ定食を頼むことにした。
890円。

期間限定だが無料でライス大盛りにすることができた。

カウンター席の周りを見渡すと、半数以上の人がビーフハンバーグステーキを食べているようだ。

低価格が売りの松屋としては高額メニューだが、それだけ注目度が高いのだろう。

食券を渡し、待つこと5分ほど。
ファストフードとしては比較的長い待ち時間。

鉄鍋にたっぷりとブラウンソースのかかったハンバーグが到着。



ギチギチに詰まった肉塊ハンバーグを実食


200gという厚みのあるハンバーグが隠れるようにとろけるチーズが綺麗に覆いかぶさっている。

隣にある付け合わせも同様だ。

スプーンでハンバーグに切り込みを入れる。
かなりの弾力。

その断面はまさに肉の壁で、牛肉がぎっしりと固められているのがわかる。
肉塊という表現がピッタリだろう。

ふんわりとしたハンバーグも美味しいが、こちらはビーフがギチギチでかなり噛み応えがある。

それだけに、ビーフの肉肉しさが充分に楽しめるのだ。

チーズのトッピングも大正解だった。

ソースとチーズの相性が良いので、味に深みが出て飽きずに食べ進めることができた。

これはうまい。

付け合わせは玉ねぎとじゃがいも。

チーズを纏った1センチ角のじゃがいもは、箸休めに丁度良い。
もう少し量が欲しいくらいだ。

200gのハンバーグというと、あまり特大という印象はないが、ビーフ100%で食べ応えのあるせいか、かなりの満腹を感じる食後感であった。

また、卓上のサラダ用ドレッシングには、期間限定で「すだちドレッシング」が追加されていた。

ノンオイルでさっぱりとした味わい。
松屋の標準ドレッシングは白いフレンチとゴマなので、こうしたさっぱり系は定番化して欲しいと思う。

2020年2月17日月曜日

日乃屋カレー|東京都内各地|甘味と辛さのダブルパンチカレーを食べる



神田カレーグランプリを標榜するカレーチェーン「日乃屋カレー」。


今回は九段下店を訪問。


ここ数年で日本各地に急拡大している印象だ。


入口を入り、券売機で食券を購入するスタイル。


名物のカツカレーを購入。


860円。


座席はカウンターのみだが、縦に長い店内の通路両脇にあるので席数は多い。


カウンター卓上には福神漬けとらっきょうが備え付けられており、セルフサービスだ。


待つこと5分ほどでカツカレーが到着。




ライスの上に大きめのとんかつ、その上にルウが満遍なくかけられており、ほとんどライスが見えない。


とろみのある日本風のルウだ。


大きなとんかつは縦にも真っ二つに切られている。

一口でも食べやすいようにとの配慮だろう。


ルウの中に黒い粒々が多数見えるが、これは粗挽きのブラックペッパーだろうか。




カレールウとライスを口へ運ぶ。


一瞬甘味を感じるが、すぐにスパイシーな辛さが襲ってくる。


このダブルパンチが日乃屋カレーの特徴であろう。


口に残る辛さで水が進んでしまう。


トッピングの生卵を加えていたらもう少しまろやかになるのかもしれない。


とんかつも揚げたてサクサク、熱々で、カレーとの相性も良い。


本当に、カツカレーは無敵だと感じる。


カウンター卓上の福神漬けとらっきょうは甘味が抑えられたあっさりとした味付け。




ライス大盛り無料サービスもあったのだが、その後仕事もあったので今回普通盛りにしたが充分なボリュームであった。


大盛りにしていたら後に影響が出てしまったかもしれない。



味の好みが分かれるカレーだと思うが、たまに来たくなるカレーチェーンである。


再訪アリ。


2020年2月12日水曜日

北海道ラーメン 味源熊祭|渋谷|熱々で辛口な北海道味噌ラーメンを食べる

渋谷駅近の北海道ラーメン店、「味源熊祭」を訪問



渋谷スクランブル交差点からセンター街に入り、徒歩1分くらいの駅近に立地。

渋谷駅近の「北海道ラーメン 味源熊祭」は味噌ラーメンをメインに提供するお店だ。

味源という名の付く味噌ラーメン店は渋谷だけでも数店舗あるようだが、どうやら運営会社が異なるという。

ラーメン店が複数入るテナントビルの2F。


階段を上がり、店内に入る前に券売機で食券を購入。

北海道味噌バターコーンラーメンが推しのようだが、この日は外が特に寒かったこともあり中辛という「味噌オロ」を注文。

950円。

同名の味源でも、オロチョンラーメンというメニューがあったと思うが、オロチョンラーメンとは辛口の味噌ラーメンのことを指しているようだ。

名称は異なるが、メニュー写真を見る限り、同様に辛口の味噌ラーメンのようだ。


店内はカウンター席と小さめのテーブル席がいくつか。

カウンターから見える壁には、職人が18時間かけて作り上げたスープということが書かれており期待が高まる。


思ったより辛口な「味噌オロ」

5分ほどで味噌オロが着丼。



赤みがかったスープは見るからに辛そうだ。

具材は細切れのチャーシューとネギ、メンマ、キクラゲ、もやし。

スープは熱々だ。

中辛の記載があったのでピリ辛程度かと思ったが、スープは辛さが前面に出ている。

自分が辛さに弱くなったのかもしれないが、唐辛子の風味も感じるので結構な辛口ではないかと思う。

味噌スープ自体はあっさりした味付け。



麺は北海道ラーメンでは定番のオーソドックスな中太麺。

これといった特徴はなかったが、オーソドックスな北海道味噌ラーメンといったところだろうか。

具材、麺量含めもう少しボリュームが欲しいところ。
立地の良さはあるが、金額的にも割高感を感じてしまう一杯であった。

2020年2月10日月曜日

中華蕎麦 きみの|飯田橋|相性抜群。オリーブ飯と絶品あっさり塩ラーメンを食べる

飯田橋駅からすぐ近く、神楽坂の「中華蕎麦 きみの」を訪問




飯田橋駅を出て、神楽坂に入ってすぐ脇道に入った路地裏にひっそりと立地する「中華蕎麦 きみの」を訪問。

昼時で店内は満席だったが、並びはできていなかったので少し待ってから入店。

8席のカウンター席のみで店内はかなり狭い。

券売機で食券を購入するスタイル。
中華蕎麦とご飯もののランチセットを購入。
980円。

看板メニューの中華蕎麦は、塩と醤油の2種類があるようだが、この日は塩を注文。

普通盛りと大盛りが同じ値段で選べるのも嬉しい。
もちろん大盛りにする。

中華蕎麦 塩は4種類の塩を使用、醤油は店主の出身地である宮城の醤油を使用されているということで、どちらにもこだわりが感じられる。

セットのご飯ものは日替わりとあったが、毎日一種類が決まっているのではなく、いくつかの中から選べるようだ。

この日はチャーシュー丼、炊き込みご飯、チーズ飯、オリーブ飯などがあるとのこと。

店外で待っている時から、メニューにあるオリーブ飯というものが気になっていたのでこれに決めた。


店主と奥さんの二人で切り盛りしているようだが、非常に感じが良いのも好印象。

店内には女性の一人客もチラホラ。

待つこと5分ほどで「中華蕎麦 塩」が着丼





透き通ったスープは、大山地鶏、香味野菜、節系の魚介、昆布、椎茸を時間をかけて煮込んだという出汁。

あっさりして雑味がなく美味しい。
無化調ということで優しい味だ。

麺は三河屋製麺の全粒粉麺。
細麺でスープとの相性もバッチリだ。

チャーシューは小振りではあるが、口の中でとろけてしまうほど柔らかい。

そして後追いでオリーブ飯が着丼。



茶碗によそわれたご飯の頂上に梅干しのごとく乗ったオリーブがなんともシュール。

食べてみると、これがまた旨い!
塩気は抑えられているのだが、口の中にオリーブの香りが広がり最高だ。

そして塩ラーメンとの相性も抜群。

塩ラーメンを出す店は全店で導入した方が良いのではないかと思えるほど。

オリーブの新漬けを昆布と塩で炊き込んだシンプルなご飯とのことだが、こういった美味しいものを初めて食べた時というのは嬉しい気分になれる。

優しいスープとはいえ、身体にはあまりよくないとわかっていながら結局スープまで完飲してしまった。

G系ばかり好んでしまうのだが、やはりハイレベルなあっさりラーメンは旨いのだと感じさせられた。

再訪アリ。

2020年2月6日木曜日

ステーキ ル・モンド|新宿|駅近でコスパの高いステーキ定食を食べる

新宿のステーキ専門店「ステーキ ル・モンド」



新宿西口駅の前、ヨドバシカメラのすぐそばに位置する「ステーキ ル・モンド」を訪問。

前情報によると、行列ができることも多い人気のステーキ専門店のようだ。

この日は夜9時頃の訪問であったが、並びはできておらずすぐに入ることができた。

それでも座席はほぼ満席で、空席ができてもすぐに埋まっていくことから人気店であることは間違いないようだ。
遅めの時間は狙い目なのかもしれない。

入店すると、なんとも昭和を感じさせる雰囲気。
座席は10席のカウンターのみ。
大人数には向かないが、一人での食事にはちょうど良い。

男性一人客が多いような印象だが、カップルや友達連れの女性客もいる。
この日は見かけなかったが、女性一人客でも入りやすそうだ。
 
カウンターに着席すると、フォークとナイフ、それに王子タイムリーの使い捨ておしぼりがセットされている。
これも昭和レトロを感じさせる。

メニューはリブロースステーキ、サーロインステーキ、ヒレステーキそれぞれの定食と、厚切りサーロインステーキと厚切りヒレステーキのセットというシンプルな構成。

ハンバーグなどはないようだ。

一番人気はサーロインステーキ定食とのことだが、メニューの写真で最もボリューム感のあったリブロースステーキ定食を注文することにした。

但し、どちらも150gという記載なので実質ボリュームは変わらないが、リブロースの方が100円安い価格設定になっている。

リブロースステーキ定食。
1250円。

また、肉150gはやや少ないかなという気がしたのでプラス110円でライスを大盛りにしてもらう。

ちなみに、同じくプラス110円でサラダや付け合わせのポテトフライなども増量してもらえるようだ。

カウンター目の前でシェフが肉を焼き上げているのを見ることができる。

リブロースステーキ定食が到着

待つこと5分ほどで到着。




最近のステーキ店は鉄板で提供される場合が多いので、お皿に乗って提供されるのはなんとも新鮮だ。

付け合わせには太めのポテトフライといんげんが添えられている。

驚いたのがライスの量。
通常の2倍量くらいはあるのではないだろうか。



大盛り料金110円というのはやや高めに感じたがこの量なら納得できる範囲。

さっそくステーキにナイフを入れる。
良い具合のミディアムレアだ。

そういえば、特に焼き加減の好みを聞かれることはなかったが、シェフが絶妙の焼き具合で提供してくれるのだろう。

肉の味も良く、適度な香ばしさと肉の旨味が感じられる。
それに柔らかい。
ステーキの上に乗っかったガーリックバターを塗り広げると、ステーキソースと絡みこれも良いアクセントになる。

ステーキはリブロースなのでややスジがあり、ナイフで切りづらい部分もあったが、これだけ美味しいステーキなら満足である。

鉄板ではないので熱々ではないが、火が通りすぎないというメリットもある。



付け合わせのポテトフライも揚げたてなのか熱々。

太めのカットなのでホクホクした食感でこれも旨い。

サラダはレタスのみ。
フレンチドレッシングのかかったシンプルなものだ。

駅近の好立地で行きやすいのもポイントが高い。
少し贅沢をしたいならもってこいのステーキ店であった。

再訪アリ。

2020年2月3日月曜日

松のや|日本各地|新発売の絶品、熱々味噌カツ鍋を食べる

がっつり食事がしたいと思っていたところ、とんかつチェーン店である松のやの店頭のポスターが目に留まり訪問。


気になったのは新メニューの「牛味噌煮込みロースかつ鍋定食」。


元々松のやには「味噌ロースカツ定食」というメニューがあるのでその豪華版といったところだろうか。

 

味噌カツといえば、名古屋発の「矢場とん」が思い浮かぶ。

都内にも店舗はあるが、定食となれば1000円を超えてくる。


味噌カツ好きとしては安価に食べられる松のやの味噌カツは貴重な存在だ。


とんかつチェーンの「かつや」でも味噌カツはあるようだが、名古屋近郊だけの展開のようなので是非関東でも定番メニュー化してほしい。


そう、私は味噌カツ好きなのだ。



話を松のやに戻し、券売機で牛味噌煮込みロースかつ鍋定食を購入。

730円。


この時は発売記念として、同じ金額でご飯大盛りが無料であった。


食券を渡して待つこと7〜8分で提供。




松のやとしては比較的時間がかかった印象だった。

調理に手間がかかるのかもしれない。


味噌カツも含め、定食系は皿に盛り付けられて提供されるのだが、こちらはかつ鍋ということで熱々の鉄鍋で提供される。



ポスターを見た時から、「牛味噌煮込みロースかつ鍋定食」というメニュー名が少し分かりづらい気がしていた。

結果的にそれが目をとめた要因なのかもしれないが。


“牛味噌”ってなんだ?

と思ってしまっていたが、何か特別な味噌のことではなく、カツの脇に添えられた牛肉を指しているようだ。

つまり、牛+味噌煮込みロースかつ鍋というわけだ。


サクサクのロースかつ全体に汁気の強い味噌だれがかかり、煮込まれている。

これは矢場とんに近いビジュアル。




定番メニューの「味噌ロースカツ」は、ソースの代わりに味噌ダレが付属するというものなので、その分手がかかっているのは間違いなさそうだ。



味噌ダレでヒタヒタになったロースかつを口に運ぶと、甘辛くて濃い味付けの味噌ダレにご飯が進む。

少しサクサク感が残りつつ、味噌ダレでしんなりした衣のロースかつも美味い。



半熟たまごも添えられているので、崩した黄身と和えてたべるとよりまろやかになり、こちらも間違いない。


そして忘れてはならない牛肉。

甘辛く煮てある牛肉は「松屋」の牛丼の具材と同じようだ。

松屋とは味付けは異なるようだが、味噌ダレと絡めてもそのまま食べても美味しい。


しかし、ボリューム的には嬉しいのだが、見栄え的なものもあるのかもしれないが牛肉は必須ではないかなといった印象。


そして箸休めのキャベツ、卓上のにんじんドレッシングも旨い。


他では見かけないちょっと珍しい感じが嬉しいのだ。


現時点では定番の「味噌ロースカツ」と新メニューの「味噌煮込みロースかつ」が並存している状態ではあるが、是非味噌煮込みを定番メニュー化してもらいたいと思った。


再訪アリ。

2020年1月29日水曜日

俺流塩らーめん 原宿店|原宿|無料トッピングが充実したコスパの高い白湯塩ラーメンを食べる

渋谷、新宿、神楽坂など都心の一等地で最近よく見かけるチェーンだが今回が初めての訪問。


明治神宮前の交差点から明治通り沿いの脇道に入ったところに立地。


店外のラックには、和風のイラストとメニューが記された立派なパンフレットが並んでいた。


なかなかラーメン店では見かけないもので、お金がかかっていそうだが儲かっているのだろう。

メニューの種類は豊富なようだ。


丁度明治通りを挟んですぐのキャットストリート側に同じ「俺流塩らーめん神宮前店」があるのだが、そちらは外国人観光客で行列ができている。


なるほど、和風のデザインのパンフレットというのも外国人観光客をターゲットにしているのかもしれない。

最近の原宿は外国人観光客がとにかく多い。



昼時の訪問。

店舗は階段を下った地下にある。


入店すると券売機があるので食券を購入するスタイル。

ラーメンに加えてサイドメニューが付くランチセットがお得だったので「塩ランチ」を購入。

880円。


メニューは豊富にあるが、店名の通り、看板メニューは塩ラーメンなのだろう。


ラーメンはあっさり塩、こってり塩から選択。

こってりをオーダー。


さらにサイドメニューも選ぶことができる。

鳥の唐揚げ、油淋鶏、餃子。

どれかに加えてライス。


または丼ものから選べるということで、選択肢が多い。


一番ボリュームのありそうな油淋鶏とライスを付けてもらうことにした。


8割くらいの混み具合。

店内は広くないが、カウンターと4人がけのテーブル席もある。

カウンターに案内されたが、女性のひとり客もいるようだ。


客層も近所の神宮前店とは異なり、裏通りの立地のせいか近くで働くビジネスマンが多いような印象だった。


カウンターには店主からの挨拶の貼り紙があったが、こちらの店主は横浜家系ラーメンや北海道ラーメン、九州ラーメンのお店で修行し、最終的に塩ラーメンに行き着いて独立したというようなことが書いてあった。


卓上の調味料も豊富だ。


多くのラーメン店では有料トッピングの場合が多い「のり」まで置いてある。


岩のりはミニトングで好きなだけトッピングすることができる。


あとはとろろ昆布も同様だ。

これも珍しい。


確実に塩ラーメンと相性の良いテッパンの柚子胡椒に加えて、ニンニク味噌、ねり梅まである。


100円で替玉も頼めるということでボリューム面でも安心だ。



5分ほどで着丼。




前情報なしの訪問だったが、こってり塩ラーメンは意表をつく乳白色の白湯スープ。


沈んでしまっているがチャーシューも乗っている。


続いて油淋鶏とライスが到着。

これだけで油淋鶏定食ではないかという分量。


塩ラーメンはこってりと言っても、そんなに脂ぎったものではない。

むしろ健康的な優しい味。


まるで豆乳でも入っているようだが、スープは鶏ガラとゲンコツ、ネギだけで出汁を取っているという。


非常に好みの味だ。


丸細麺も特徴的なものはないがスープと相性が良い。


また、無料トッピングの岩のりととろろ昆布がスープと合わせると抜群にうまい。


これが無料というのも嬉しいポイントだ。


しかし、セットの油淋鶏とご飯は正直イマイチ。




油淋鶏はボリューム的に申し分ないのだが、鶏肉のジューシーさはあまり感じられないもの。


ご飯もあまり美味しいと感じられるものではない。


たが、この立地でこのボリュームと価格であれば十分満足できる穴場的なお店である。


替玉しなくとも満腹になることができた。


何よりラーメンとトッピングの岩のり、とろろ昆布がうまい。


近くにはとんこつラーメン店「一蘭」もあるが、こちらは昼時はいつも外国人観光客で行列ができているし、替玉をすると1000円を超えてしまうのが痛い。


もちろん味は抜群に良いのだが。。


塩ラーメンと共に味噌ラーメンもメニューのバリエーションが多く、こちらも試してみたいと思う。


再訪アリ。